銀行借り入れを上手に利用するコツ|銀行からお金を借りるAWAY

銀行借り入れを上手に利用するコツ

銀行からお金を借り入れする時には「上手に利用するコツ」と言うものがあると思います。そのコツとは端的に言えば、自分の借り入れニーズをいちばん満たしてくれる銀行からお金を借り入れすることに尽きると言ってよいのではないでしょうか。

 

銀行借り入れを上手に利用するコツ:その1

 

もしあなたが借り入れニーズのトップが「少しでも金利の低いところで借り入れしたい!」と言うのなら、銀行借り入れはそんなニーズを十分に満たせるところがたくさんあると言ってよいでしょう。銀行カードローンの金利は、数あるカードローンの中でも低金利のものがそろっています。具体的に銀行カードローンの標準的な金利水準は、年4%台〜14%台となるので消費者金融の年4%台〜18%と比較すれば明らかに低金利メリットがあります。しかし、低金利な銀行借り入れをもっと上手に利用するなら、各銀行での金利水準をしっかり見比べて、低金利の中でもさらに金利の低いところで借り入れすることです。たとえば、三菱東京UFJ銀行の金利は年4.6〜14.6%となり、三井住友銀行は年4.0〜14.5%となります。これら銀行は3大メガバンクで知名度も高く安心して借りれる銀行カードローンである事実に疑いはありません。そして、これら銀行の金利水準は標準的な金利となるので低金利と言えます。しかし、住信SBIネット銀行なら年1.99〜7.99%と言ったさらなる超低金利となりますし、イオン銀行でも年3.8〜13.8%と言ったもっと低い金利となります。このように一般的に低金利のカードローンの中には、もっともっと金利の低いところは少なくないので、丹念に金利を比較して利用することが上手に利用するコツとなります。

 

銀行借り入れを上手に利用するコツ:その2

 

銀行カードローンは、上記のように低金利に加えて、一般的に融資額も大きくなります。たとえば、みずほ銀行や住信SBIネット銀行なら最大1000万円までの借り入れが可能となります。さらに言えば、銀行借り入れの場合は、100万円までなら収入証明書無しで本人確認のみでOKとなります。また、みずほ銀行なら200万円まで、オリックス銀行なら300万円までの借り入れなら収入証明書が不要でOKとなります。以上の事から、「なるべく低金利でまとまった融資額を面倒な手続きを少なくして借りたい!」とのニーズなら、金利と比較しつつ高い融資額でも収入証明書無しで本人確認書類の提出だけで借りられるとこを利用するのが銀行借り入れを上手に利用するコツと言えるでしょうね。他方で、銀行借り入れの場合は小額の借り入れは上手な利用方法とは言えません。なぜなら、銀行カードローンでは、金利を低くすることで比較的まとまったお金の借り入れを可能としているからです。それゆえ、上手に利用するコツの大前提としては、「低金利でまとまったお金を長い間借りる」と言ったスタンスになると言ってよいのではないでしょうか。

銀行カードローンおすすめ