銀行借り入れの担保|銀行からお金を借りるAWAY

銀行借り入れの担保

銀行借り入れをする際には、「担保」が必要となるローンもあります。ところで銀行借り入れの時に必要となる担保とはなんなのでしょうか?また、銀行カードローンでは担保って必要になるのでしょうか?

 

銀行借り入れでの「担保」ってなに?

 

銀行でお金を借り入れする場合には、ローンによって「担保」が必要になります。たとえば、銀行借り入れでの「不動産担保ローン」などは担保は必要になる代表的ローンと言ってよいでしょう。このローンでの担保は、所有している「土地」となります。また、同銀行の普通預金口座や定期預金口座のお金を担保にする銀行ローンもあります。このような「担保」の基本的定義としては、お金を借りた人、つまり債務者が返済不履行となって借りたお金を返済できなくなっても、債務者が銀行に提供した土地などによって債権の弁済を確保できるものとなって貸したお金を相殺することで銀行側が損をしないようにするものなのです。このような銀行に提供できる担保としては、「土地」「有価証券」「預金担保」「生命保険担保」「抵当共同担保」となります。住宅ローンを銀行で組む場合には、必ず銀行指定の団体生命保険への加入が条件となり、これは「生命保険担保」と考えられます。要するに、貸したお金をとりっぱぐれないように有担保を債務者から取ることで貸倒れリスクをヘッジすると言うことなのです。そして、担保が必要となる銀行ローンでは、担保がリスクを回避してくれるので、その分金利は低くなっています。

 

銀行カードローンは「担保」が必要

 

銀行カードローンでの借り入れでは、原則として担保は必要ありません。なぜなら、カードローンは「個人向け無担保金融商品」となるからです。担保を取らないで借り入れが可能となる銀行カードローンでは、申込者の信用力のみで融資する「信用貸しローン」となります。申込者の信用力の有無だけでお金を貸すことになるので、担保が必要となるローンよりも貸倒れなどのリスクは高くなってしまいます。そのような高いリスクを少しでも低くするために、銀行カードローンでは審査を厳しくして、なるべく信用力が高くて貸倒れリスクがなるべく少ないような人を厳選するかたちで融資を行います。また、担保が必要になるローンよりも金利を高くすることで、リスクを回避する方法を取っています。以上のことから、お金の借り入れでは常に問題になる貸倒れ等のリスクを担保を取ることで回避するのか、あるいは金利を高めに設定して審査を厳しめにすることでリスクを回避するのかによって、銀行で借り入れできるローンの性格は異なってくると言ってよいでしょう。

銀行カードローンおすすめ