銀行借り入れの審査書類|銀行からお金を借りるAWAY

銀行借り入れの審査書類

銀行借り入れする場合には、必ず提出しなければならない「審査書類」があります。必要な審査書類をきちんとそろえて提出できないと、最終的に審査に通してくれません。また、審査書類の内容に不備があったり、申告情報と食い違う内容となる場合には再審査となったり、あるいは審査に落とされてしまうこともあります。そのことから審査書類の提出は慎重に行うことが大事なのです。

 

身元確認できる書類は必須の審査書類

 

銀行借り入れの際に、誰でも絶対に提出しなければならない「審査書類」には、本人確認ができる身分証となる書類が必要になります。身分を証明できる審査書類は、申込者の素性を知ることができるものとなるので、どの銀行での借り入れの際にも必ず提出が求められます。なぜなら、どこの誰かも分からないような人にはお金なんて融資できないからです。そのことから身分証を提出できないような人や、身分証を持っていない人は絶対に銀行から借り入れできません!身元が確認できる「本人確認書類」としては、運転免許証・健康保険証・パスポートなどが一般的となります。他には住民票や戸籍抄本などもOKとなる場合があります。さらに本人確認書類の提出が必須となる理由には、現住所の確認ができるからです。現住所が不明な人には銀行はお金を貸しません。それゆえ、もし提出した本人確認書類での記載住所と現住所とが異なる場合には、加えて現住所が確認できる審査書類の提出が必要になります。そのような審査書類としては、公共料金などの請求書や税通知書、携帯電話料金の請求書、ローン請求書などで大丈夫です。

 

「収入証明書」も審査書類の1つとなります

 

もうひとつ銀行借り入れでの審査書類として必要になるのが「収入証明書」となります。ただし、銀行借り入れの場合には、借入額の程度によって収入証明書が審査書類とならないことがあります。具体的に言うと、100万円以下の借入額の場合は、たいていの銀行では収入証明書が不要となります。オリックス銀行なら300万円まで、みずほ銀行では200万円以下の借入額なら収入証明書は要りません。収入証明書が審査書類として必要になるのは銀行によって異なるので銀行の公式HPで確認してください。収入証明書となるのは、源泉徴収票・確定申告書の写し・給与明細書が一般的となります。加えて、納税証明書、課税証明書、住民税決定通知書などでもOKとなります。他方で、消費者金融の場合は、50万円以上の借入額となる場合には、法的に収入証明書の提出が義務付けられているのです。

銀行カードローンおすすめ