銀行借り入れでの注意|銀行からお金を借りるAWAY

銀行借り入れでの注意

銀行で借り入れする際には、いくつか注意したい点と言うものはあると思います。また、そのような注意を知らずに銀行で借り入れしようとしても上手くお金が借りられないことも少なくありません。そのことから銀行借り入れでの注意を事前に知っておく事はスムーズに銀行からお金を借りるコツと言ってよいかもしれませんね。

 

「借りられない」と言ったケースも想定して申し込む

 

銀行での借り入れは審査がいちばん厳しいと考えてください。そのことから「もしかしたら審査に落とされてお金が借りられないかもしれない」と言った事態も想定して申し込む注意が必要と思われます。他方で、銀行の借り入れ審査にパスできるような借入条件をきちんと整えておくことが肝要となります。具体的には「他社からの借り入れは無い状態にしておく」「収入は安定しているのか?」「できれば正社員で働くようにする」「過去に返済で問題を起こしていないか?」と言った点についてしっかり自分の状態を見直しておくことです。もし、上記の点でひとつでも引っ掛かるような場合は銀行で借り入れできない確率が高くなると考えておいてください。

 

本当に金利が低い銀行カードローンなのか?

 

銀行借り入れをする大きなメリットとしては、「金利の低さ」を挙げられます。そのことから金利が高めの銀行で借り入れをすることは失敗とも言えます。銀行カードローンの金利は、一般的に低めと言われています。実際に金利の低い銀行カードローンはたくさんあります。しかし、ていねいに各銀行の金利水準を見ると、消費者金融の金利水準とたいして変わらないところもあるのです。たとえば、オリックス銀行の金利水準は年3.0〜17.8%となり、年17.8%の最高金利は消費者金融のプロミスの最高金利と同じになってしまいます。それゆえ、「銀行借り入れ金利は低い」と言った通説を単に鵜呑みにするのではなく、しっかりと各銀行カードローンの金利水準を比較して、自分が利用できるところでいちばん金利の低いところ探して申し込むと言った注意が必要になると思います。

 

「即日融資の有無」は大切な注意点となる!

 

もしあなたが銀行借り入れで即日融資を希望するなら、特に注意が必要です。銀行カードローンでは即日審査や即日回答こそ可能ですが、即日融資にしっかり対応できるところはそれほど多くないのです。また、即日融資が可能でも、同銀行の口座がある事が条件となったり、申込時間や申込方法に規制がかかってしまう事が少なくありません。その事から自分が希望する即日融資の条件で即日借り入れができるところをしっかり見つけて利用する注意が必要ですね。比較的に即日借り入れの条件がゆるいのは三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行となるので銀行で即日融資を希望しているなら是非とも参考にしてみてください。

銀行カードローンおすすめ