銀行借り入れが向いている人|銀行からお金を借りるAWAY

銀行借り入れが向いている人

銀行でも消費者金融でも、どちらかの金融機関でお金を借りた方が良い人、あるいは借り入れニーズの観点から言って、どちらかの方で借りた方がメリットが大きいといったケースはあります。そのような向き不向きがあるのに、誤ったカードローンを選択してしまうとメリットが感じられずに、逆にデメリットになってしまう可能性も否定できません。

 

「低金利」で借りたい人は銀行借り入れが向いている人

 

銀行借り入れが向いている人として、まず指摘するなら、「とにかく少しでも金利の低いところで借り入れをしたい!」といった人になると思います。融資額の大きさや即日融資の可否、あるいは審査の難易度といった諸々の条件よりも、低金利が一番!という借り入れニーズの場合には、銀行での借り入れしかないと言ってよいでしょう。なぜなら、銀行カードローンは数あるカードローンの中でも一般的に金利水準が低くなっているからです。具体的に言うと、銀行カードローンの標準的な金利水準は、年4%台〜14%台となっています。さらに言えば、住信SBIネット銀行の金利だと年1.99〜7.99%といったように、金利が低めとなる銀行カードローンの中でもダントツの低金利となるところもあります。そのことから低金利で借り入れしたい人は、銀行借り入れが特に向いている人と言ってよいでしょう。

 

借入急がずじっくり大口融資を長くエンジョイしたい人!

 

即日融資や1分1秒でも早くお金を借りたい!といった借り入れニーズの方は、正直言って銀行借り入れはあまり向いていないと言ってよいと思われます。なぜなら、銀行借り入れでも即日融資に対応しているところはありますが、即日融資の確実性のみの観点から言えば、消費者金融カードローンの即日融資の方が確実性が高いからです。他方で融資は急いでおらず、むしろ「じっくりと大口融資を長く借り続けたいなあ〜」といった借り入れニーズの方なら、銀行借り入れが向いている人となります。銀行カードローンは、最大1000万円まで融資可能な融資額が大きく、かつすでに指摘したように金利も低いので、大口融資を受けられます。また、長く借り入れしてもそんなに金利負担は重くなりません。銀行カードローンの場合は、100万円以下の借り入れなら収入証明書が不要で、本人確認書類のみで借り入れがOKとなります。さらに言えば、オリックス銀行カードローンでは300万円まで収入証明書無しで融資を受けられます。それゆえ、「低金利で大口融資は受けたいけど、できれば提出する書類は少なくしたい!」といった方も銀行借り入れが向いている人となるでしょう。

銀行カードローンおすすめ