金利|銀行からお金を借りるAWAY

銀行からお金を借りる場合の金利について

銀行からお金を借りる際には、なんと言っても金利の低さは魅力となりますよね。実際に多くの人が銀行の金利の低さに惹かれて銀行からお金を借りていますよ。しかし、一概に低金利と言われている銀行でも、よくよく見てみると金利にはバラつきがあるのです。そのことから銀行をもっと賢く利用するためには、しっかり各銀行間の金利を比較してなるべく金利の低いところでお金を借りるのが賢い利用法になるのではないでしょうか。

 

銀行の金利は「一番低め」となります

 

銀行の金利は、年4%台〜14%台となります。消費者金融だと金利は年4%台〜18%となります。一見すると、最低金利では同じ4%台なので、「どちらを利用してもそんなに金利って変わらないじゃないか」と感じてしまうでしょうね。
確かに最低金利は同じ4%台なので遜色はありません。が、最低金利が適用されるのは、最大融資額近くまでお金を借りた場合なのです。具体的に言うと、みずほ銀行は年4.0〜14.0%となり、最低金利の年4.0%が適用されるのは最大融資額となる1000万円近くまで借りた場合となるのです。
プロミスの場合だと、年4.5〜17.8%となるので、最大融資額となる500万円近辺まで借りると年4.5%が適用されるのです。
最低金利は多くの人にとっては実用金利とはならないのです。一方で、最高金利は、最低借入額となる1万円の借り入れから適用される金利となるので、実用的な金利と言ってよく、金利メリットを計る上ではこの最高金利に注目すべきなのです。
その最高金利で見てみると、銀行は年14%台で消費者金融は年18%なので、銀行の方が明らかに低金利と言ってよい訳なのです。

 

金利低い銀行でも金利水準は様々です

 

一般的に金利が低いと言われている銀行でも、つぶさに金利を比較してみると結構バラつきがあるのです。そして、最高金利に注目すると銀行の中でもかなりの低金利となるものや、やや金利が高めとの感を否めないものが浮き立ちます。ここではいくつか具体的に銀行の金利水準を紹介してみましょう。まず低金利な銀行金利の中でも、ひときわ低金利さが際立つのは【住信SBIネット銀行】の年1.99〜7.99%です。【りそな銀行】も年3.5〜12.475%となるので銀行の最高金利の平均となる年14%台を下回る低金利になっていると言ってよいでしょう。
3大メガバンクはどうかと言うと、【三菱東京UFJ銀行】が年4.6〜14.6%、【三井住友銀行】が年4.0〜14.5%、【みずほ銀行】が年4.0〜14.0%と、銀行の一般的な金利水準になっていると言ってよいと思われます。
他方で、銀行としてはやや最高金利が高めと感じられてしまうのが【オリックス銀行】の年3.0〜17.8%なのです。また、新生銀行レイクも年4.5〜18.0%となるので、銀行の中では高めの金利と言えます。
ひと口に「銀行は金利が低い」と言っても、様々な銀行の金利水準をつぶさに眺めてみると、金利水準にはかなりのバラつきがある事実をご理解していただけると思います。

銀行カードローンおすすめ