返済方法|銀行からお金を借りるAWAY

銀行からお金を借りる場合の返済方法について

キャッシングを利用する時には、返済や返済計画を先に立ててから、その返済計画に則った金額を決めて融資を受けるのが理想的なキャッシング利用法と言ってよいのです。キャッシングの大変さは、実は「お金を借りられるどうか」ではなくて、借りた後の返済にあると言ってよいからなのです。だから銀行からお金を借りる場合でも、きちんと返済計画を立ててから利用するのが望ましいと言えます。

 

銀行からお金を借りる場合の返済方法

 

銀行からお金を借りる場合でも、あるいは消費者金融からお金を借りた場合でも、返済方法について差異はないと言ってよいのです。銀行の返済方法としては、毎月決まった期日に一定額のお金を銀行口座から自動的に引き落とされる「自動口座振替」と、お金を借りた人が決められた期日までに銀行やコンビニのATMを利用して一定額を毎月返済していく「ATM返済」とに大きく分けられます。
どちらの返済方法でも返済で得になったり損になるということはありません。強いて言えば、どちらの返済方法を選んだとしても、「必ず遅れずに返済できる方法を選ぶ」といったことが銀行での返済方法では大切になります。もし、1日でも返済に遅れたり滞納してしまうと、契約違反とみなされて年20%の遅延損害金を金利とは別に支払わなければならなくなります。
一般的に銀行の返済方法でお勧めとなるのは、「自動口座振替」と言えます。銀行の「自動口座振替」では、同じ銀行の普通預金口座からカードローン口座での利用分について毎月一定額を申込者が任意に決めた返済期日当日に引き落とされることとなります。
自動口座振替を選べば、仕事や家事などで忙しくても返済のし忘れの心配がありません。また、口座引落の手数料も無料となるので、返済負担を少しでも軽くできる「賢い銀行での返済方法」となります。一方、「ATM返済」は、毎月の返済期日までに利用者が自由に銀行ATMやコンビニATMから返済する方法となり、自由度の高い返済方法と言えます。
日常的にコンビニを利用する方なら、コンビニでの買い物のついでにATMで返済を済ませるといった返済方法もあります。
ATM返済の場合は、銀行ATM以外のATM利用では手数料がかかってしまうことがあるので注意は必要です。ATM手数料は、1万円までが100円+税となり、1万円超だと200円+税の手数料が毎回利用するごとにかかります。

 

銀行の返済方法では「任意返済」を上手に活用!

 

銀行からお金を借りる場合、ついつい「金利が低いので長く借りてもそんなに負担は重くならないだろう」と考えてしまってダラダラと返済してしまう人もいますが、完済するまで金利はかかり続けますので、やはり1日も早く完済するのが賢い返済方法となります。
その場合に是非とも有効に利用していただきたいのが「任意返済」なのです。任意返済は、毎月決められた期日に一定額を返済する方法に加えた返済方法となります。言ってみれば、追加の返済方法です。
毎月の一定額の返済では、「元金+利息分」の返済となりますが、任意返済だとすべての返済額が元金分の返済となります。任意返済をどんどん返済方法に組み込んでいけば、どんどん元金が減ってそれだけ完済が早まり、完済が早まることで総返済額の負担も小さくできるのが任意返済の大きなメリットとなります。

銀行カードローンおすすめ