理由|銀行からお金を借りるAWAY

銀行からお金を借りる理由について

どこかでお金を借りるとき、消費者金融ではなく銀行からお金を借りるという人は多いと思います。銀行でお金を借りるにはそれなりの理由があるはずなのです。

 

銀行からお金を借りる第一の理由は「借りる安心感」でしょう

 

たくさんの人が銀行からお金を借りる理由として、まず考えられることはなんと言っても、「お金を借りる安心感、信頼感」といったものになるのではないでしょうか。だって「銀行からお金を借りた後でひどい目にあってしまうのではないか」なんて考える人はまずいないと言ってよいからなのです。
銀行は、たいていの人が給料振込や公共料金の口座引落、年金の受け取りで利用しており、さらには住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなどを利用している方も多いのです。
また、お金を借りるだけでなく、大切なお金を預けている人の方が多い金融機関と言ってよいので、お金の融資しかしていない消費者金融など他の金融機関とは決定的に異なる安心感や信頼感のある金融機関とも言ってよいのです。
そのような多くの人にとってとても身近な金融機関となるので、お金を借りる安心安全さはピカイチとの理由で銀行からお金を借りるのではないかと言うことです。

 

具体的な理由としては「金利」と「融資額」です

 

銀行からお金を借りる理由となる安心感・信頼感に加えて、具体的な理由となるのは金利の低さと融資額の大きさと言って間違いないでしょう。銀行の金利は年4%台〜14%台となり、銀行の中には年1.99〜7.99%といった夢のような低金利となるところもあります。
消費者金融の金利は、年4%台〜18%となるので、銀行の低金利メリットは明白だと思います。そして、銀行からお金を借りるたくさんの人の理由が、この低金利に惹かれていると言ってよいのです。
金利は低ければ低いほど借りた後の返済負担が軽くなりますし、総返済額でも絶対にお得になるのです。また、金利が低ければ比較的大口融資を受けて長く借りられるのも理由の1つとなります。融資額に関して言えば、銀行は500〜1000万円となることで幅広い利用目的に使える充実さも理由となるでしょう。
消費者金融だと500万円が最大融資額となるので、銀行の1000万円までの融資額はかなりの魅力と言って間違いないでしょう。
実際に銀行からお金を借りる人によって、各人各様に理由はさまざまとなるでしょうが、銀行の低金利と充実した融資額の大きさは、銀行を借入先として決める際の重要な要素、要因となることに疑いはありません。

 

銀行カードローンおすすめ