審査|銀行からお金を借りるAWAY

銀行からお金を借りる審査について

金利の低さや融資額の大きさは、銀行からお金を借りる際の大きなメリットと言って間違いないと思います。一方で、銀行からお金を借りるとなると、気になるのはやはり「銀行の審査」と言うことになるのではないでしょうか。銀行は借りるメリットが大きくなる分だけ、審査は厳しめになると言うのが一般的な認識と言ってよいでしょう。

 

銀行からお金を借りるための「審査」ってどんな感じ?

 

銀行からお金を借りるためには、いかにお金持ちでも社会的地位がすごく高い人でも、有名人でも必ず審査を受けなければなりません。
審査に通った人だけが銀行からお金を借りる資格を得ることになるのです。銀行の審査は厳しめになると言われていますが、他の金融会社の審査と比べて特別に審査項目が増えたりする訳ではないのです。
基本的には、審査が柔軟と言われている消費者金融の審査と銀行の審査内容は変わらないのです。具体的に説明すると、消費者金融の審査でも銀行の審査でも、申込者の「信用能力」と「返済能力」の2つの点を審査します。
この2つの審査項目をクリアできれば、銀行からお金を借りることができます。銀行の審査だと、この2つの審査項目に加えて他の申込者の能力を審査対象とするようなことはありません。
信用能力の審査については、「この人にお金を貸しても大丈夫だな」と判断されれば審査はパスできます。具体的には、信用情報機関に与信をかけてキャッシング利用において過去に返済で問題を起こしていないかどうかを調べます。
この与信情報の中で、なにも問題が無ければこの審査はOKです。返済能力の審査では、「継続した一定の安定収入の有無」が決め手となります。それゆえ、正社員や公務員であれば返済能力の審査はなんなくパスできると思います。
アルバイトやパートの申込者であると、「定期収入の安定度」が審査で問題視されるので、「収入が安定している」と認められれば、アルバイトやパートでも返済能力の審査をパスできます。

 

銀行の審査基準はハードル高い

 

銀行の審査は、消費者金融の審査となんら異なる点はないのです。では、なぜ銀行の審査の方が厳しめとなってしまうのでしょうか?それは銀行の審査基準は消費者金融の基準に比べてハードルが高めとなってしまうからなのです。たとえば、消費者金融の審査では年収の程度よりも「収入の安定度」を重視しますが、銀行の審査だと収入の安定度はむろんの事、加えて年収の程度も重視するのです。そのことから、いかに収入が安定していても、年収が低いと融資を断られてしまう場合があるのです。勤続年数についても、消費者金融だと1年くらいあればまず問題はありませんが、銀行の場合は少なくても2〜3年程度の勤務実績が無いと十分とは認めてくれないことがあるのです。特に銀行の審査基準のハードルが高いと感じられるのは、「他社からの借入状況」なんです。
消費者金融なら会社にもよりますが、3社くらいまでの複数社の借入なら審査でギリギリOKとなる場合があります。しかし、銀行の審査だと1〜2社程度が借入件数の限度と言われているのです。それ以上の借入件数だと審査に通るのはかなり難しくなってしまいます。
銀行では年令・勤め先・職業・役職の有無・借家か持家かなどの個人属性に関しても審査でしっかり吟味されて審査の可否に影響します。そのことから個人属性が低いと審査に通してくれない場合があるのです。でも消費者金融の審査なら個人属性が極端に低い場合を除いて審査にそれほど影響しないのです。以上のように、銀行では審査基準のハードルが高くなってしまうことで審査は厳しめになってしまうと考えてよいのです。

銀行カードローンおすすめ