メリット|銀行からお金を借りるAWAY

銀行からお金を借りる場合のメリット

銀行からお金を借りている方々の多くは、銀行からお金を借りるメリットを十分に活用されていることと思います。銀行からお金を借りる際には、たくさんのメリットがあるのです。だから多くの人が「どこかでお金を借りたい」と思った時、真っ先に考えるのが銀行と言うことになる訳です。

 

銀行からお金を借りるメリット:その1

 

銀行からお金を借りる際のメリットとして、まず最初に考えられる事は、「お金を借りる事への安心感や信頼感が大きい」といったことになると思います。お金を借りる時に「金利が高いと返済が大変になってしまうのではないか?」「まとまったお金を借りたいけど、果たして融資してくれるのだろうか?」と言った事は気になります。
銀行でお金を借りることができれば、そのような心配は要らないのです。だっていろいろな金融機関がある中で、銀行ほど日常生活において身近で信頼できる金融機関はないからです。会社員なら誰でもと言ってよいくらい、給料振込などで利用しているマイバンクと言える銀行とお付き合いがあるのではないでしょうか。大切なお金を預けられるところともなるので、お金を借りても安心して信頼して利用できると思うのです。「銀行からお金を借りたからひどい目にあってしまった」なんていう話しってほとんど聞いた事がないですよね。「銀行からお金を借りられてすごく助かった」なんて話はしばしば耳にする事ってあります。銀行ってとても頼りになる信頼できる金融機関なんです。

 

銀行からお金を借りるメリット:その2

 

銀行からお金を借りるメリットで見逃せないのは、やはり「金利の低さ」と言ってよいでしょう。金利を低く借りられれば、借りた後の返済負担は軽くなるし、総返済額も小さくなるので、低金利はキャッシングする上でなによりも勝る大きなメリットになると言ってよいのです。
銀行の金利水準は、一般的に年4%台〜14%台でとなり、消費者金融の年4%台〜18%と比較すると圧倒的に金利がお得になります。たとえば、100万円を年14%で1年間借りるのと年18%で借りるのとでは、約4万円もの金利差が生じるのです。
借入期間がもっと長くなればなるほど、借入額がもっと大きくなればなるほど金利差によるメリットも大きくなります。金利が低ければまとまった大口融資を長く借りることも可能になるメリットも享受できるのです。もうひとつ銀行からお金を借りるメリットは融資額の大きさでしょう。
銀行での最大融資額は500〜1000万円となる一方で、消費者金融では大手消費者金融でも最大で500万円までとなります。そして、融資額が大きい分だけ、借入額によって提出しなければならない収入証明書にも違いが出てくるのです。
消費者金融では、50万円以上の借入額だと収入証明書の提出が必須となります。でも銀行ならたいていのところで100万円以下の借入なら収入証明書が不要となります。本人確認書類のみで比較的まとまったお金を借りられるのは銀行ならではのメリットと言ってよいのです。さらに銀行によっては、200万円以下、300万円以下なら収入証明書無しで本人確認書類だけで融資を受けられるところもあるのです。

銀行カードローンおすすめ