デメリット|銀行からお金を借りるAWAY

銀行からお金を借りる場合のデメリット

銀行からお金を借りる際には、低金利や余裕ある融資額、お金を借りる安心感といったメリットを感じ取れることになると思われます。反面、銀行でお金を借りることにはデメリットというものも実はあるのです。カードローンやキャッシングって、メリットしかないものはありません。また、デメリットしか感じ取れないものもないのです。どの金融機関のカードローンやキャッシングでも必ずメリットもあればデメリットもあると考えておいてください。

 

銀行からお金を借りるデメリット:その1

 

正直に言って、デメリットとは言えない気もするのですが、銀行からお金を借りようとした経験のある人の話として、よく聞かれる利用者の不満や不安となるのが「審査の厳しさ」「借り難さ」というものがあります。銀行からお金を借りられなかった人にとっては、そのような点は銀行でお金を借りるデメリットとして感じ取れてしまうのではないでしょうか。一般的に銀行の審査は消費者金融の審査よりも厳しめになると言われており、実際に銀行を利用した方の口コミを見れば、「銀行の審査は全部ダメだったけど消費者金融の審査には通してくれた」との体験談は少なくないのです。他方で、「消費者金融の審査には落ちたが銀行の審査には通って融資を受けられた」なんて口コミ体験談はほとんどないのです。会社員や公務員の申込者だと比較的審査にパスできる確率が高くなる反面、アルバイトやパートといった働き方だとなかなか審査に通らないとの点も審査が厳しいことのデメリットと言えると思います。実際に審査通過率の観点から見ても、銀行の審査通過率は20〜30%くらいと言われています。消費者金融の場合は30%台〜50%弱となるので、銀行の借り難さは否めません。そのことから銀行からお金を借りる際には、「もしかしたら審査に落とされて借りられない確率の方が高い」との事態も少なくないので、それはデメリットとして感じ取れてしまうのではないでしょうか。

 

銀行からお金を借りるデメリット:その2

 

次に銀行からお金を借りるデメリットとしては、「今すぐに1分1秒でも早くお金を借りたい」といった、即日融資のニーズになかなか応えてくれないことです。即日融資に対応した銀行は数は少ないのですがあります。が、即日融資可の銀行で実際に即日に融資してもらうためには「同銀行に口座を持っている事」や申込方法などに制限がかかってしまうなど、付帯条件をクリアする必要が出てきてしまいます。消費者金融での即日融資であれば、口座の有無は関係ありませんし、申込時間帯だけを厳守すれば申込方法等にもそれほど制約はかからないのです。銀行の審査は厳しいので審査に時間がかかることも即日融資が難しくなってしまう原因となります。そのことから急な借入ニーズに即応できない場合が多いとの点が、銀行からお金を借りる際のデメリットとして指摘できるのです。

銀行カードローンおすすめ