みずほ銀行カードローン|銀行からお金を借りるAWAY

みずほ銀行カードローン詳細

みずほ銀行は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行と並ぶ3大メガバンクの1つとなります。メガバンクならではの高い信頼性、安全性はピカイチと言って間違いないのです。そんなみずほ銀行が提供するカードローンは、他の銀行カードローンと比較してみてもトップクラスの魅力が備わっていると言ってよいでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの詳細

 

みずほ銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年4.0〜14.0%の、3大メガバンクの中でも一番の低金利となっている点ではないでしょうか。加えて、貸付限度額が1000万円との大口融資にも対応できる融資額は、業界内でもトップクラスのものとなります。
利用条件に関しては、「安定収入ある満20歳以上66歳未満」となり、この条件を満たせればアルバイトやパート、派遣社員や自営業者でも申し込める銀行カードローンとなるので、かなり柔軟な利用条件になっていると言ってよいと思います。
さらに、即日融資が難しい銀行カードローンの中にあって、みずほ銀行に普通預金口座を持っておりWEB完結申込を利用すれば即日の融資にも対応してくれる点は見逃せない魅力と言えます。カードローン利用のための必要書類については、利用限度額が200万円以下なら原則として運転免許証や健康保険証などの「本人確認書類」のみの提出でOKとなり「収入証明書」の提出は不要となります。

 

みずほ銀行カードローンは「2つのタイプ」

 

みずほ銀行カードローンには2つのタイプがあります。1つは、『キャッシュカード兼用型カード』です。このカードローンでは、すでに持っているみずほ銀行の普通預金口座からの自動貸越機能をキャッシュカードに附帯して利用するかたちでのキャッシングとなります。
普通預金口座からお金を引き出す際に、残高不足となるとカードローン利用融資枠から自動的に残高不足分をカードローン口座を介して借り入れるシステムとなります。『キャッシュカード兼用型カード』を選択すれば、みずほ銀行で即日融資を受けることも可能になります。
みずほ銀行の『総合口座貸越選択サービス』、『貯蓄預金スイングサービス』をすでに利用していると、『キャッシュカード兼用型カード』は利用できません。もうひとつは『カードローン専用カード型』となります。これは他の銀行カードローンと同じで、カードローン専用カードを発行するかたちで、このカードを使って同銀行ATMや他の金融機関ATM、コンビニATMでキャッシングすることとなります。『キャッシュカード兼用型カード』で利用できる自動貸越機能は利用できません。でも口座から公共料金や携帯電話料金など自動引落の際の残高不足を自動的に補填してくれる「自動融資サービス」と、カードローン口座への返済でプラス分を自動的に普通預金口座へと振り分けてくれる「自動振替サービス」の利用は可能です。『カードローン専用カード型』を選択すると、カード発行に1週間ほど時間がかかるので即日キャッシングが無理となります。

銀行カードローンおすすめ