銀行からお金を借りるAWAY|カードローン融資を受ける条件と審査

銀行からお金を借りる只今一押しはこちら

なんといっても金利が低くて一押し中です!

みずほ銀行カードローン【エグゼグティブプラン】

みずほ銀行公式サイトへ

 実質年率 : 年3.0%〜7.0%
 最大利用限度額 : 1,000万円
 融資 : 即日融資も可能(みずほ銀行口座をお持ちの方)
 特徴 : WEB完結申込みで、最短即日利用可能(みずほ銀行口座をお持ちの方)
  • みずほ銀行の口座をお持ちでない方でも最短即日審査回答可能!
  • みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方は、ご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません。
  •  

みずほ銀行カードローン公式サイトへ

銀行からお金を借りる申込み方法

初めて銀行からお金を借りることを考えている人だと、「申込方法ってどうすればいいの?」と、やや途方にくれてしまっているのではないでしょうか。銀行からお金を借りるための「申込方法」って、実はそんなに難しくないし面倒でもないんですよ。

 

申込方法の基本的流れはこうだ!

 

申込方法の基本的な流れに関して言えば、「申込方法の手順」と「申込方法の準備」といった2つに大きく分けられると思われます。
銀行からお金を借りるための「申込方法の手順」としては、まずどの申込方法で申し込むかを決めることとなります。銀行での申込方法は、ネットを利用したインターネット申込、電話申込、郵送申込、FAX申込、来店申込となります。どの申込方法を利用しても審査や融資に影響することはないので安心してください。
自分が一番申し込みし易い方法を選んでいただければよいですが、「おススメの申込方法は?」と聞かれたら、迷わずにインターネット申込と答えます。

 

インターネット申込がおすすめなのは何故?

インターネット申込なら、24時間365日いつでもどこででもパソコンやスマフォを利用して誰にも知られずに内緒で申し込めるからです。
利用する銀行の公式HPに入って、そこにある申込書の内容をすべて漏れなく正確に記入してからネットを使って返信するだけでインターネット申込はOKです。
インターネット申込なら、その後の審査から契約まで来店不要で完結できます。即日融資に対応した銀行なら、インターネット申込が原則ともなります。ネットで申し込みが完了したら、あとは審査結果を待つだけです。銀行からお金を借りるための申込方法はたったこれだけでOkなのです。

 

もうひとつ「申込方法の準備」としては、審査で必要になる審査書類を事前にきちんとそろえておくことです。必ず用意すべき審査書類としては、「本人確認書類」となります。本人確認書類は、運転免許証、健康保険証、パスポートでOKです。収入証明書も審査書類として用意しておきたい書類ですが、銀行の場合は100万円以下の借入なら不要になるところが多いですよ。

 

申込方法での注意点

 

申込方法では注意しておきたい点があります。それは少しでも申し込みをスムーズにすることであり、なるべく早く銀行からお金を借りるための配慮と考えていただければよいと思います。
その注意点とは、申込書の記入事項をきちんと正確に書く事と、絶対にウソの申告をしない事となります。
申込書の記入項目には、年収・勤続年数・勤務先・他社からの借入状況などがあります。審査に有利だからと考えて、年収を水増しして書いたり、勤続年数を長めに書いてしまう、また他社からの借入を過少申告してしまう人は実際にいます。そのような虚偽申告は、審査の過程で必ずばれます。また、申込書の内容に疑わしい点があると、その確認のために審査時間が長くなって融資が遅れます。
もし、審査の過程でウソの申告がばれた場合は、「信用できない人」とみなされてその時点で即審査に落とされることも珍しくないのです。

 

「銀行からお金を借りる」って、すごく面倒で難しい事と思い込んでいる方っているのではないでしょうか?確かに銀行からお金を借りる事ってすごく敷居が高いと感じてしまうこともあるでしょう。でも、実際に銀行を利用してみると、銀行から借り入れする方法って思ったよりも簡単なんですよ。

銀行で借り入れするには「信用力」が第一です

 

銀行借り入れする具体的な方法について述べる前に、「銀行からお金を借りられる資格」についてきちんと理解しておくべきだと思います。なぜなら、この資格を満たせないと、いかに銀行から借り入れする方法を知っていても、お金を借りることはできないからです。
銀行からお金を借り入れできる資格とは、端的に言えば、「信用力の有無」との点となります。銀行では特に申込者の信用力の程度を重視します。そのことから少しでも信用力に問題があるとまず融資してくれません。

 

どのようにすれば銀行でお金を借り入れできるような「信用力」がつくの?

 

まずはきちんと継続した一定の安定収入を確保していることです。安定収入の有無は、信用力の有無において一番大事な点となります。
次は、年収に比して抱えている借金の程度となります。たとえば、複数社から借金があったり、借金総額が年収に比して多めだと、信用力に疑問が付けられてしまいます。
最後の点としては、信用情報機関での個人記録です。過去に返済の遅延などで問題を起こしていると信用情報機関の個人記録にキズがつきます。そして、信用情報機関にキズがある人や汚点がある人だと、信用力が低いとみなされて銀行からの借り入れはできないと考えてください。

 

銀行から借り入れる方法

銀行借り入れする具体的な方法は、そんなに面倒でもなく、また煩雑な手続きもありません。銀行から一番簡単にお金を借り入れする方法はカードローンの利用です。銀行カードローンなら、パソコンやスマホを利用してネットでも申し込めますし、電話申込、FAX申込、郵送申込、来店申込と言ったように様々な申込方法があります
ネット申込の場合は、銀行の公式HPにある申込書の記入項目をすべて記入してから返信するだけでOKです。その後すぐに審査に移ってくれます。審査もネット上で済ませられるので来店不要です。
借り入れするための必要書類も運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のみの提出で100万円くらいまでなら収入証明書無しでお金を借り入れできます。審査に関しても、早いところだと最短30分くらいとなり、たいていの銀行でも「即日回答」となるところは多いのです。審査で「融資可」となれば、郵送で契約書とカードローン専用カードが送られてくるので契約書に記入して返送すれば、これで銀行からの借り入れ方法はすべてOKとなります。